www.thedesignerbaby.com

自動車重量税、別名重量税とは国産メーカーの車もしくは外国の車という愛車の生産国やハイブリッドカー、ロールーフ車という車体に全て同じで例えば、トヨタやメルセデスベンツ、などにも課せられる税金です。新車登録の時、または車検に出すさいに支払わなければいけない税なのです。支払金額はそのクルマの重量により決定されます。「自動車重量税」と「自動車税」ではまったく別のものなので、きちんと理解をして混同しないようにしてください。「自動車重量税という税金は自動車の車重で」「自動車税というものは排気量毎に」税額が違います。また売却の際の待遇も変わりますので注意しましょう。自動車を売却する際には既に納めた税金がどれだけ残っていた場合でもその税金が還ってくることはないです。一方で自動車税の場合は、既に納めた税金を査定額に乗っけてくれるという場合があるものの、重量税に関しては上乗せしてくれるようなことはほとんどないはずです。重量税についてはいくら既に納めた金額が残っているからと言って自動車業者にてその事実が材料になる場合はほとんどないものなのです。そのため次回の支払い、つまるところ次回の車検まで待ってから買取っていただくという方法がベターと思います。自動車の売却の時は考慮していただけないのが重量税ですが、ある条件のケースでしたら戻ってくることもあるのです。このケースは、車検が残存している自動車を廃車として処理する時。というのは廃車申請をした場合、残存期間に応じて金額が還付されます。しかし買取の際はその中古車が廃車されるのとは違うので返ってきません。それから手放す車の名義の変更をした際や、盗難にあった際も還付を受けることはできません。重量税の残っている期間があるクルマを売却するということは要は車検の効力がまだある自動車ということです。それを業者も計算に入れますので自動車重量税が残っていればある程度査定額があがることでしょう。当然買取額は買取業者次第で異なりますが、車検が残っている事実が考慮されれば、売却する車の売却額からみたらあまり払い損と考えることもありません。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.thedesignerbaby.com All Rights Reserved.